文系・工学系の学際・融合教育を目指して

教員

教員インタビュー

柏木 健一 准教授(開発経済学、中東・北アフリカ経済研究)

柏木健一

高校生のころから国際社会、特に中東で起きる出来事に関心を寄せていたのですが、私にとって衝撃的だったのは1991年の湾岸戦争でした。湾岸戦争勃発をきっかけに中東世界にいってみたいとの思いが強くなっていき、大学2年次にエジプトやヨルダン、ヨルダン川西岸・ガザ地区を初めて訪問しました。

続きを読む


黒川 義教 准教授(国際経済学)

黒川義教准教授

私の主な研究分野は、国際貿易論、産業組織論、経済成長・発展論、及びマクロ経済学です。現在は特に、国際貿易と賃金格差に関する理論的・定量的分析に焦点を当てています。

続きを読む


遅野井 茂雄 教授(ラテンアメリカ政治・国際関係、ラテンアメリカ地域研究)

遅野井茂雄教授

研究テーマとの出会い、その魅力 北アルプスを一望する信州の松本盆地で高校までを過ごしました。恥ずかしい話ですが、海を初めて見たのは東京五輪が開かれた年、小学校の修学旅行で名古屋に出かけた時です。

続きを読む


中野 優子 准教授(開発経済学)

中野優子 准教授

研究テーマとの出会い、その魅力 高校生のときから、何となくアフリカの開発に関わる仕事をしたいと思っていたのですが、学部の時は具体的に何を勉強していいのか分からず、漠然と過ごしていました。

続きを読む


白川 直樹 准教授(河川環境工学)

白川直樹 准教授

大学に入学する前から漠然と頭にあったのは、途上国の人々の役に立つ仕事がしたいということでした。 現代の日本がどうしてこんなに豊かで安全な社会になったのだろうと考えていた学生時代、明治期の国づくりに多くのお雇い外国人が貢献していたことを知りました。

続きを読む


井出 里咲子 准教授(言語人類学)

井出里咲子 准教授

言語人類学、社会言語学という学問を通して、ことばと文化の相関関係や異文化コミュニケーションについて研究しています。日本人はなぜ頻繁に「すみません」というのだろう?アメリカ人はなぜジョークが上手いように聞こえるのだろう?といった疑問について、実際に会話データを取って分析し、ことばの用いられ方に現れる文化的な手触りの仕組みについて明らかにしてきました。

続きを読む


朱 藝 助教(経営人類学 Business Anthropology)

朱 藝 助教

私の専門分野は、経営人類学(Business Anthropology)です。この分野を初めて聞く方も多いかもしれませんが、一言でまとめると、「人類学の視点から経営を研究する」分野です。統計などといった定量的な手法を主とする経営学と異なり、人類学的手法である「参与観察」を用いて、企業の文化を研究しています。

続きを読む


シャルボワ ジャスティン准教授 (応用言語学)

シャルボワ ジャスティン准教授 (応用言語学)

I was raised in the Capital District region of New York State and initially intended to become a secondary school teacher in the United States. I first came to Japan as an exchange student during college. As a result of this experience, I became extremely interested in Japanese language, culture, and intercultural communication.

続きを読む


余 征飛 助教 (計量経済学 Econometrics)

余 征飛 助教 (計量経済学 Econometrics)

In the modern world, we are bombarded with data and empirically justified conclusions, which often can be misleading. My field of research, Econometrics, focuses on the methodology of recognizing spurious relationships and uncovering true causality from data.

続きを読む


田中 洋子 教授 (社会経済史、グローバル経済論)

田中 洋子 教授 (社会経済史、グローバル経済論)

世界が資本主義と共産主義に二分されていた時代に育ちました。その中で、どちらの体制がいいのか、よりよい社会はどんなものなのか、小さい時から考えるようになりました。ヘーゲルやマルクスなど、社会全体の構造を捉えようとする志向性にひかれたこともあり、大学にはいってからは、ヨーロッパの思想の一つの核を形成するドイツの社会民主主義に興味をもつようになりました。共産主義を否定しつつも、資本主義の問題性を批判的に改革しようとするこの動きの源をたどって、19世紀のドイツの歴史研究をはじめました。

続きを読む